時間の都合で、学校に植えてあるサトウキビを使うことはできませんでしたが、

久米島製糖工場ですでに煮詰められている汁をもらいうけ、

さらに煮詰める黒糖作りを行いました。

DSC_0132

シンメ-鍋でかき混ぜながら煮詰めること約2時間、汁の色もだんだん変わってきます。

DSC_0138

あくもとって、それでもまだまだ、煮詰めます。

DSC_0140

給食の間に、正五郎さんが仕上げてくれました。

バットに移して冷まし、固めます。さて、どんな味になるのでしょうか。

DSC_0158