1月27日金曜日、

「食文化の継承」「感謝の心」を意識し、

地産地消を積極的に行っていこうという学校給食週間の最終日、

今年も車海老の提供があり、給食に車海老がでました。

 

それとともに、車海老生産者との交流もありました。

比屋定小学校には、

久米島総合開発株式会社より深澤さんにおこしいただきました。

 

深澤さんの話をみんな真剣に聞いています。

P1400775 P1400777

 

頭から尻尾まで、みんな完食していました。

P1400780

 

給食後には

持ってきていただいた生きている生の車海老を触ることができました。

 

P1400785 P1400790

 

 

子どもたちは興味津々で、車海老のエサについてや、養殖場についてなど、

深澤さんにたくさんの質問をしたのですが、1つ1つ丁寧に答えていただきました。

 

深澤さんをはじめ車海老の生産者のみなさま、

ほんとうにありがとうございました!

ごちそうざまでした。