稲の苗植えから、稲刈り、

そしてやっと脱穀作業をしました。

だんだんと12月の餅つき大会に向けての

準備がすすんできました!

 

p1400049 p1400070

昔ながらのペダルで動かす脱穀機を使い、

1年生も自分で脱穀します。

はじめはくるくる回る脱穀機に怖がっていましたが

だんだんとみんな慣れてきていました♪

上級生はもう慣れている様子でした。

 

p1400077 p1400083 p1400085 p1400099

脱穀機だけでは稲と籾(もみ)を

きれいに分けることができないので

ふるいにかけたり、

高い位置から籾をゆすりながら落とし、

自然風を利用してわらくずなどを

外に飛ばすという方法を教えていただきました!

 

p1400116 p1400120 p1400143 p1400150

 

たくさんあった稲も、みんなが一生懸命にしたおかげで

すべて脱穀することができました!

ケース二つ分ほどの量になり、昨年より豊作だそうです!

p1400154

 

6年生は最後の脱穀作業でした。

指導していただいた正五郎さん、ありがとうございました!

ひとつぶのもち米が種となり、育った苗から何百、何千ものもち米ができると聞いて

改めてお米一粒の大切さが分かりました。