久米島病院小児科医の渡辺先生をお迎えして、5年生を対象に健康授業が行われました。

IMG_2406

本校では、週1回の朝の縄跳び運動の効果もあって、健康な子どもたちばかりですが、

渡辺先生のお話によると、久米島町の小児糖尿病の発生率は全国の40倍なのだそうです。

また、都市部の子ども達が1日平均1万2000歩を歩いているのに対し、

久米島の子ども達の歩行量は、1日2000歩から8000歩という結果も出ているそうです。

そこで子ども達は、1週間万歩計を付けて生活したり、

朝食の有無や栄養バランスを意識したりして、

自分たちの生活習慣を見直しています。

IMG_2409